上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成27年3月7.8日の2日間 Integrate Physio MIYAZAKI セミナー⑤【クリニカルリーズニングに基づいたスポーツ選手の体幹機能障害】が開催されました。
今回の講師は新潟医療福祉大学 准教授であります亀尾 徹先生をお招きしました。

 まずスライドをみながら亀尾先生の講義(フィジオセラピストへのこだわり・「勝つ」ための理学療法・予測する理学療法など)を聴かせて頂きました。その中で、やはり対象者(患者様)がど真ん中にいることを忘れずに臨床に臨むこと、対象者(患者様)への説明責任とそれを証明するだけの確かな技術が必要であるという事を言われていました。
亀尾 研修会

また印象的であったのが、スポーツへの関わり方です。フィジオセラピストとして、チームとどのように関わっていくかという部分で、チーム帯同型と大会支援型の二つに大きく分かれるという事を言われていました。特に、チーム帯同型では、環境によってはセラピスト1人で対応することもあり、説明責任が大きくなる。その為、確かなコミュニケーション能力と確かな技術が必要になり、それがなければ現場ではやっていけないとの事でした。アルビレックス新潟に在籍し、その中での経験等も踏まえて話をして頂き、自分たちが現場に出ていることの責任の重さを改めて感じさせて頂いたとともに、現場の楽しさも再確認することが出来ました。


2日目は、翌日の復習を行ってからのケーススタディでした。
ケースプロフィールは、20歳代 プロサッカー選手でポジションや診断名、痛みの生じる動作などを提示して頂き考えられる疼痛メカニズム(入力系・処理系・出力系など)やケースの疾患に対する病態や特徴などをグループワークにて行いました。
その後に、亀尾先生よりクリニカルリーズニングに基づいた解説がありました。
その中で既往歴、機能解剖だけでなく局所病理診断、モーターコントロールなどを含めてDecision Making(意志決定)を行っていくことが重要であることを再確認させて頂きました。
亀尾 グループワーク


今回のケースの治療内容を1つ紹介させて頂きます。
普段、バランスボールを使って体幹と股関節のコーディネーションを高めようとする場合、下の写真のように(上から下へ)支持面を減少させ、動員させる筋群を増やしていくと思います。
しかし、今回のケースでは下から上へとトレーニングをすすめていったそうです。
その目的としては、股関節伸展時の筋の動員パターンが、ハムストリングス優位で殿筋群の動員が遅延することが評価の中で証明されていたため、胸腰筋膜の緊張を利用して殿筋群の筋活動を上げるように工夫していたそうです。
黒井 バランス 両手上げない

黒井 バランス(片手上げ)

黒井 バランス(両手上げ)



 今回の亀尾先生の研修会では、クリニカルリーズニングは広くて深い知識が必要で、難しい内容と思われがちですが、受講生の皆様からとても分かりやすかった、楽しかったという言葉を多く頂きました。
これから、理学療法士が社会の中で必要とされる職種として、また職域を広めていくためにも患者様を取り巻く環境や心理状況、身体機能を正確に評価し説明する責任と、それを証明するだけの確かな技術がさらに求められてくると思います。
今後も必要とされる職種、人材であれるよう日々精進していきたいと思います。

亀尾 集合写真

最後に集合写真です。みなさん日頃の理学療法での悩みが解決され、スッキリした表情でございます。
さみしいですが、次回が最後の研修会になります。
また、あう日まで・・・
                                                    事務局長 井﨑 守
スポンサーサイト
平成27年1月24.25日の2日間 Integrate Physio MIYAZAKI セミナー④【マッスルインバランスに対する理学療法】が開催されました。
今回の講師は石川県リハビリテーションセンター 公益法人日本理学療法士協会理事であります荒木 茂先生とアシスタントとして済生会金沢病院 森 健太郎先生をお招きしました。

 まずスライドや動画を見ながら荒木先生の講義(今までの理学療法時代の話・20世紀までの理学療法の流れ等)を聴きます。荒木茂先生は臨床経験37年、これまでいろんな研修会に参加され、神経生理学的アプローチ、徒手療法、国内外を問わず様々な研修会に参加し、その中で再現性、だれが行っても同じ結果が出ることが一番大事な部分だとおしゃっておりました。

また印象的であったのがMRSAいわゆる(MMT,ROM,Sensory,ADL)理学療法では,痛みを主要問題とする対象者には対応できない。痛みをもつ対象者の治療には、伝統的なMRSA評価から臨床推論(クリニカルリーズニング)の方向へシフトしていくことが重要であるということでした。

そこから森先生にはFMSの理論・実技を丁寧にレクチャーして頂きました。
FMSとは動作パターンをスクリーニングすることにより、動きの制限や非対称性を特定し、傷害リスクを排除することを目標にする運動パターンのテスト方法です。
動きの質を評価していく内容は、動作分析していく専門職として理学療法士にとって、非常に重要となると考えます。

翌日は実技主体です。
先生が行う評価方法、アプローチ方法を二人一組にて実践します。セラピストが積極的に介入する方法(モビライゼーションやストレッチなど)と患者さんに積極的に参加してもらう方法を行いました。
座位 押川 (1)
荒木先生は、患者を治すという観点ではなく、患者に治ってもらう!そのためには、自己管理が大切だから、運動を取り入れていくといったことをおっしゃっていました。
荒木先生が教えて下さる運動によって結果を出すにはテクニックの部分が少なく、結果が得られ易く感じました。
主動作筋と拮抗筋の関係(バランスが)崩れる(インバランス)ことによって、正しい動きのパターンが失われてゆき、すぐに痛みが発生する場合もあれば長い時間の中で繰り返し悪くなる場合もあります。

筋緊張が高いからその筋肉に対してアプローチすることも大事ですが、本来働かなくても良い筋肉ならば本来働くべき筋肉にアプローチすることで過緊張を起こしていた筋肉が弛緩することも大切なことだと感じました。

押川 体 

運動の学習を正しく導くことで、痛みを引き起こす運動パターンから逃れることができます。

患者教育を含めた運動療法はこれからの医療・介護費削減の流れの中にて理学療法士が強みにできる点であると信じています。それを実践し、一人当たりの医療・介護費を少なくし、多くの対象者を診ていくことができれば、今後の理学療法の発展につながると考えます。患者教育です。
正しい運動パターンを繰り返して身に付けるために自動運動によるエクササイズは非常に重要であると学べました。

最後に集合写真です。みなさんばっちりのスマイルでございます。
また来月皆さんとお会いできることを楽しみにしております。
荒木集合5

Integrate Physio Miyazaki
広報・総務 綾塚
いつもIntegrate Physio MIYAZAKIのブログを閲覧して頂き、有り難うございます。

平成26年11月8~9日の2日間 Integrate Physio MIYAZAKI セミナー③【腰部・骨盤帯】が開催されました。

今回は福岡志恩病院リハビリテーション部部長の多々良大輔先生より、(腰部・骨盤帯)臨床推論の構築というテーマにて講義して頂きました。

まず患者さんの評価を出来るだけシンプルに行い、その後の治療もシンプルにすることで適切な刺激となり時間的・経済的に効率化が図られること。そこから適切な刺激とは、患者の反応を最大限に引き出すことが出来るようになり、『患者を卒業に導くための手続き・援助』に繋がることについても紹介しながらお話しいただきました。
理学療法士として、一社会人として一職員として、目の前の患者様に提供できるものを増やしていく作業(知識→知恵→技術)と、病院の中での自分に与えられてる役割に対する考えの甘さを痛感させられました。

そこからは退行変性疾患に対する理学療法の現状を学習していき、徐々にデモンストレーション・実技に移っていきました。


今回は片脚立ちになってもらい、あらかじめバランスの悪い方を患側としていきました。

そこから先生は大腿四頭筋・筋膜張筋・腓腹筋内側頭に着眼点を持ち、患者様の症状(痛み)を見ることで、痛みの原因となっている現象を考えるという作業を行い、FT関節の適合性を調整することを行いました。
P1030624_201411100856218b8_20141110085920d96.jpg

そして効果・検証を行う作業です。右も左も左右差がないぐらいに膝が安定しておられました。

先生は問診や姿勢・動作分析から推察した複数の問題点から、圧痛所見・徒手検査・筋力検査を組み合わせることにより主要問題点を絞り込むことで、治療セルフエクササイズ指導という流れを円滑に進めることを常に今回の研修で伝えてくれました。
また臨床現場にて患者さんとの会話の中で1つ1つの「瞬間」を見逃さずに気付くことができるかどうかで、よりよいセラピーの提供に活かすことができるようになることをおっしゃておりました。

こういった考えを基に様々な例に対し評価→治療→効果・検証
P1030630_20141110090426bb2.jpg

評価→治療→効果・検証


P1030639_20141110094844ad4.jpg

評価→治療→効果・検証

P1030635_201411100943582eb_20141110094611ce9.jpg


徐々に頭がHeat up してきます!!

多々良先生のデモ後は、参加した研修生・スタッフで動作から仮説検証していく練習を行いました。
普段から患者さんを診ているはずなのに、いくつも仮説を立てることがとても難しいことに改めて気付かされました。


P1030644.jpg

今回は改めて現在リハビリの様々な手技がある中で、理学療法となる基礎知識(解剖学、運動学、生理学)が臨床推論をすすめていく上で、重要となることを再確認することが出来ました。
最後に集合写真です。みなさんばっちりのスマイルでございます。



P1030645.jpg
次回は来年の一月でございます。次回より会場が変更予定となっております。(詳細は追って報告いたします)

運動器を理解するセミナーIN MIYAZAKIから会場を提供していただいた宮元整形外科医院様本当にありがとうございました。

また皆さんとお会いできることを楽しみにしております。


大分早いですが、良いお年を!!

Integrate Physio Miyazaki
広報・総務 綾塚
平成26年9月27~28日の2日間 Integrate Physio MIYAZAKI セミナー②【呼吸器を運動器として捉えた理学療法】が開催されました。

講師は文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科に勤務されている柿崎 藤泰先生です。
胸郭運動システムの再建というテーマのもと、基本的な胸郭の解剖・運動学から捉えた姿勢・運動制御を基に、臨床応用をされている先生であります。
先生は常々胸郭の運動分析・姿勢と胸郭周囲筋活動の関係・呼吸運動療法(呼吸困難感を和らげ、個人にみあった日常生活動作を再建するための運動療法)の開発といったことにご尽力されております。

riron_.jpg 柿崎 ISBN4-7583-0312-6.jpg


基本的な胸郭の解剖・運動学から捉えた姿勢・運動制御、そして臨床応用までをたっぷりご指導頂きました。
gaiyou.jpg


理論
一般的な骨格構造上からの観点や、運動連鎖的な観点など多方面から一症状をとらえ、かつ運動連鎖的な関連が事実として関与しているのか否か検証する機会を得られ、とても有意義な研修となりました。

最後に集合写真です。みなさんばっちりのスマイルでございます。
また来月皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

P1030603_201410210839412e1.jpg

Integrate Physio Miyazaki
広報・総務 綾塚
Mark A Jones 先生来日特別セミナーin MIYAZAKI

7月11日より3日間の日程で開催され、無事に終了する事ができました。

講 師 としてMark A Jones 先生(南オーストラリア大学)

通訳として亀尾 徹 先生 レイ 陽子 先生 阿久澤 弘先生

をお迎えして、このセミナーの醍醐味である腰椎・骨盤帯・股関節の評価と治療(An evaluation and treatment of lumbar, pelvic ,hip joint)に関する講義と実技を通し、クリニカルリーズニング能力および実践的技能の向上を図ると同時に、それらの知識・技術を臨床に応用する際の思考過程について受講者の方とともに考えることができました。

1日目
・導入とコース目的
・講義(座学)/ディスカッション:臨床推論と仮説カテゴリー
-臨床推論を導くための仮説カテゴリー
-腹部・内臓からの関連痛の一般的な領域
-さも筋骨格系の症状であるような内臓疾患からくる症状のための理学療法スクリーニングを行う
・ケーススタディー:臨床推理仮説カテゴリーを駆使することの練習
・実技:腰椎に対する理学療法評価
-姿勢と動的な自動運動テスト(生理的複合運動)

2日目
・実技(軟部組織評価)
・実技(椎間関節の他動的な副運動)
・実技(骨盤に対する理学療法評価)
-骨盤位置の左右対称性
-下肢長に対する評価
-仙腸関節の骨関節運動テスト

・実技:(骨盤に対する理学療法評価の続き)
-仙腸関節 他動運動テスト
-仙腸関節 誘発テスト
-自動SLRテスト
-恥骨結合 可動性、安定性と誘発テスト
・実技:股関節に対する理学療法評価
-前屈・後屈 Craig's test
-自動運動テスト
-他動運動テスト(生理的,副運動,複合運動,関節唇テスト)
-腰部・股関節に対して,狙っている筋肉に静的な収縮を加え、抵抗を加えるテスト

3日目
・講義 neurodynamicsの試験
-実践:Neyrodynamics tests:SLR,Slump と側臥位でのSlump,PKB
・実践:腰椎/骨盤/股関節 運動制御の評価

・実践/ディスカッション:治療選択,実施,再評価の原則
-症例患者への管理
-臀部強化エクササイズの実例

内容盛りだくさんな3日間となりました!!(訳は不慣れですので、おかしなところがあればご指摘お願いしますm(_ _)m)

講習を終えて、益々考えることが多くなっている今日この頃であります。

講演をして下さったMark A Jones 先生(南オーストラリア大学)、通訳をして頂いた亀尾 徹 先生 レイ 陽子 先生 阿久澤弘先生本当にありがとうございました。受講生の皆様もどしどしコメントお願い致します。

最後にこちらでしめさして頂きます。みなさん笑顔が素敵です(充実感タップり)

IMG_0386.jpg


Integrate Physio Miyazaki
広報・総務 綾塚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。